レーシッククリニックで新しい世界が見えました

レーシックとは、角膜屈曲矯正手術の一つです。

角膜にエキシマレーザーというレーザー光を照射し、角膜の屈曲率を変え、視力を矯正していきます。

レーシック手術を受けることで、眼鏡やコンタクトが不要になり、裸眼で生活できるようになります。

私は、裸眼では0.1以下で、日中コンタクト、家に帰ってからは眼鏡生活でしたので、目の疲れや肩こりに悩まされており、話題のレーシック手術を受けることにしました。

手術を受けたクリニックは、友人が実際に受けたところで、腕のいい医師がいて、サポートがしっかりしているとのことだったので、安心して手術を受けることができました。

手術当日は、すごく不安で緊張しましたが、医師からの丁寧な説明があり、リラックスした状態で手術を受けることができました。

手術自体はあっという間でした。

当日は目が乾燥するとのことで、目薬の処方がありましたが、時間がたつにつれ、視界がはっきりしてきました。

翌日は痛みもなく、きれいなはっきりした世界が見えて、早くやっておけばよかったと思いました。

視力の悪さからくる目の疲れや肩こりからも解放され、とても良い手術を受けたと実感しました。

Categories: レーシック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>