レーシック手術は実績、信用が高いクリニックで行いましょう。

今までは近視を矯正するには眼鏡やコンタクトを使用する形でしたが、今やコンタクトや眼鏡なしでも1.5以上の視力が望めるのがレーシックと呼ばれる近視屈折矯正手術です。

近視とは遠くから来る光線が網膜の前で焦点を結ぶために、遠くの物がぼやけて見える状態です。

レーシックとはエキシマレーザーを使って網膜の屈折率を変える手術なのです。

大半の人が、眼鏡やコンタクトで不自由がないのですが、中には仕事柄、眼鏡やコンタクトは不自由だという人もいます。

特にスポーツ選手が該当します。

例えばゴルファーはパッティングの時、グリーンの傾斜や芝目を読むため、雨だと眼鏡が曇ったり濡れたりして、集中力が欠けたりします。

ゴルフは自己との闘いのスポーツですから眼鏡ひとつで気力が萎えてしまいボギーを叩いてしまう。

近視のゴルファーが手術を受け、いい成績をあげているのはご存知の通り。

レーシック手術は角膜の表面をはいで、角膜のフラップをつくるため、ち密で熟練した技術が必要となるため、いかにいいクリニックに巡り合うかが鍵となります。

手術前のカウンセリングをしっかり行っているかどうか、手術実績はどうか、アフターケアなど、きちんと説明がなされるかどうか確認してから手術を行うようにしてください。

むしろ、カウンセリングはしつこく納得がいくまで行ってください。カウンセリングを面倒くさがるクリニックはNGです。

Categories: レーシック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>